5aリダクターゼ酵素の抑制

内服薬で男性ホルモンの働きを抑制

髪の毛を生やすにはなぜ禿げるかの原因を究明しそれに合わせた対策をしていくことです。

このページでは禿げに効果がある対策をまとめてみました。

まず、AGAを知るページにて、男性ホルモンであるテストステロンを悪玉にし、薄毛の原因であるDHTに変化させる5aリダクターゼ酵素の存在について書きました。

そして、薄毛の原因となるDHTにさせないこと、つまり5aリダクターゼ酵素を抑制することが一番の対策となります。

ではどうやって5aリダクターゼ酵素を抑制させるのか?それはフィナステリドを有効成分とする内服薬を飲むことです。

フィナステリドを有効成分とする内服薬で有名なものがプロペシアがあります。

ミノキシジルで頭皮の環境を整える

外用薬で発毛促進

従来通りの頭皮に直接塗布する外用薬も効果があります。

特にミノキシジルを有効成分にしたものがオススメです。

有名な商品では薬局で購入できるリアップなどもミノキシジルを有効成分にした外用薬です。

ミノキシジルを有効成分にした内服薬もありますが、日本では未認可であるのと副作用が強いため外用薬にしておきましょう。

ミノキシジルは血管拡張作用があるため、頭皮を正常に保ち毛根に栄養を行き渡らせ、健康な髪の毛の成長を促進させます。

ただ、即効性はなく、単体では高い効果は得られないため、内服薬と併用することがよいでしょう。

生活環境の改善

カラダスッキリに

ふだんの生活環境も改善していきましょう。

原因を知るページにも記載しましたが、髪の毛を生やすのは健康的なからだが必要です。

特に睡眠と食事はとても重要です。

どんな外用薬や内服液を使ってもその成分を促進させる体に変えておかないと効果はなかなかあらわれません。

内服薬で男性ホルモンの改善を行っても、睡眠不足で成長ホルモンや自律神経を損なっては効果は落ちるでしょう。

また、外用薬で頭皮の環境を良くしても、油っこい食事で足を引っ張っては効果が頭皮や髪の毛に出てこないでしょう。

髪の毛は直ぐに生えてくるものではなく、長期的な継続的な対策が必要になってくるので、髪の毛ではなくからだの健康も考えて生活習慣の改善も行いましょう。

このページの先頭へ