AGAとは

AGA(エージーエー)とはAndrogenetic Alopeciaの略で薄毛の症状である男性型脱毛症のことをいいます。

AGAは年齢によって若ハゲ、壮年性脱毛症とあり、生え際から進行していくM字ハゲ、頭頂部から進行してO型はげ、両方から進行するものなどの種類にわけられます。

まずはあなたの症状がどんな症状なのかを特徴を知ることで正しい対策をしていきましょう。

男性ホルモンの影響

男性の脱毛症のかたちはM字型やO字型がほとんどです。

これは男性特有の症状であり女性ではあまりみられません。

それは男性ホルモンが影響しているからだと考えられています。

男性ホルモンの成分であるテストステロンは筋肉の大きくしたり骨格を発達させる作用がありより男性らしい体にします。

女性にもテストステロンはありますが、男性の5~10%とごくわずかです。

しかし、このテストステロン、悪いやつにだまされることで作用が変わり、ジビドロテストステロン(DHT)という悪玉に変化します。

このDHTですが、主な作用が幼少期には男性器の生成など重要な働きをしますが、思春期以降には、ニキビ、前立腺肥大、薄毛、体毛の増加を引き起こす作用があります。

よく「体毛は濃いけど頭は薄い人」はこのDHTの影響を多く受けていることが考えられます。

このDHTですが、髪の毛の毛乳頭細胞の受容体に結合してしまうと髪の毛の細胞分裂が減ってしまい、髪の毛の成長を抑制してしまいます。

そのため、元気な髪の毛に育たず、細く、弱く、抜けやすくなってしまい。抜け毛が増え髪の毛が薄くなってしまいます。

テストステロンを悪玉にする悪いやつ

5aリダクターゼⅡ型とは?

先ほど書いたとおり、男性ホルモンであるDHTが禿げの要因だとわかりました。

しかしDHTももともとは善玉であるテストステロンでした。つまり、テストステロンを悪玉にしたやつが元凶となります。

この悪玉は「5aリダクターゼⅡ型」と呼ばれる酵素です。

5aリダクターゼ酵素は毛が生える場所に存在します。

ちなみにⅠ型とⅡ型とあり、Ⅰ型の多くは側頭部や後頭部にあり、Ⅱ型は前頭部や頭頂部に多く存在します!!!

前頭部や頭頂部に5aリダクターゼⅡ型が多い!!みなさんおわかりだと思いますが、AGAの多くは前頭部からのM字と頭頂部からのO型です。

つまり、5aリダクターゼⅡ型と結びついたテストステロン、DHTが禿げに関わることになります。

このページの先頭へ